アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は愛知の皮膚科へ

私は現在アトピー性皮膚炎をわずらわっており、愛知の皮膚科で薬をもらっています。アトピー性皮膚炎の場合かゆみがすごく、私の場合体が熱くなると皮膚が赤くなり、そこからかゆみが発生します。特に運動した後やお風呂上りに良く出ます。私は体と顔に症状が出るため、皮膚科に行った時は顔と体の2つに薬をつけてもらいます。

皮膚科でつける薬はステロイド剤です。顔と体ではつける薬が違います。顔の方は体よりも濃度が薄いものをつけます。顔はおでこ、ほっぺ、目の上、鼻、首といった箇所を縫ってくれます。体は腕、胸、腹、方といった上半身に塗ってくれます。薬を塗った後は赤外線に一定時間塗った患部を当てていきます。それが終了しましたら終わりとなります。受け取ったクスリはステロイド剤で1日3回塗ることと、飲み薬は朝、夜の食後に飲むこととなっています。

愛知の皮膚科のお医者さんからはかゆくなったらすぐに塗ることが大事といわれました。塗ってからはかさついていた肌が元通りの肌に戻りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です