女性ならではの視点で愛知の皮膚科探し

30代の半ばごろから、こめかみからあごにかけてポツポツと黒いできものが目立つように。これは何か悪い症状ではないか?、もしかして皮膚がん?と、おそるおそる皮膚科を訪れました。先生は私の顔を見るなりひと言、「これは老人性のいぼですね」。
ほうっておいても何も問題ないということで安心はしましたが、老人性という言葉にがっくり。脂漏性角化症とも言うそうです。

気にならなければ放置してもいいのですが、毎日化粧をするたびに目に付くいぼ。取れるものなら取っておきたい。実は私の父も顔にたくさんのいぼができて、皮膚科でドライアイスによる凍結方法でかなり取ってもらった経験があります。
そこで私も愛知で皮膚科探し。見つけたのがレーザーセンターを併設した皮膚科です。こちらは皮膚科であると同時に、女性の気になる肌の悩みに対応するさまざまな施術を行っている病院です。

そこでは診療と同時に炭酸ガスレーザーでいぼを取ること、麻酔もするので痛みはないこと、化粧も翌日からできることなど、丁寧に教えていただきました。やはり女性ということで、美容の観点からも皮膚を見ていただけるという点が安心できました。
この愛知の皮膚科に通ったことから、ちょっと美容関係の施術にも興味を持ち、今度体験してみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です