愛知の皮膚科で行ういぼの治療

私は小学5年生の時に手にイボができてしまい、イボを治すために愛知の皮膚科に通っていました。

私が行った治療方法は液体窒素にめん棒みたいなものがあり、イボができた箇所にめん棒を押し当てるといった方法でした。それを5秒から10秒と短い時間で押し当て行きます。時間的には短いですが、液体窒素の温度はマイナス270度低く、押し当てられている時は焼けるような痛みを感じました。完治するまでその治療法を行いましたが、最後までなれることはありませんでした。

しかしながらいたいのは押し付けられている時であって、話して時間が経つと痛みはひいていきます。イボが大きいほどめん棒を押し付ける階数が増えるだけです。小さいイボでしたら少ない回数で終えることができます。私が行ったイボ治療では特に飲み薬をもらうことはありませんでした。手にできたいぼは両手で3箇所ありましたが、約3ヶ月でイボが治りました。

あれから手にいぼができることはありませんので、もしお悩みの方がいらっしゃいましたら愛知の皮膚科に通うことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です